HOME>オススメ情報>自分で解決が困難な事案は専門家に相談するのが基本
相談

利害関係が影響するトラブルも解決できる

当事者だけで解決が難しい問題を法律を駆使して解決するのが弁護士の役割です。世の中には当事者だけで解決できない問題が数多く存在し、例えば交通事故の慰謝料を例にすると、相場より低く見積もられる可能性があります。保険会社側としてはなるべく自社の負担を減らしたいと考えますが、保険会社にとって得になる行為は、被害者にとって損になるわけです。こうした利害関係が絡んだ複雑な問題を解消していけるのが弁護士の強みであり、福岡の法律事務所では交通事故以外にも職場のトラブル、借金問題なども幅広く扱っています。弁護士は企業だけが利用するものと認識する方が多いですが、多くの法律事務所では個人向けの案件も取り扱っています。

トラブルを未然に防げる

弁護士に依頼をしないことが原因で、状況がさらに悪化してしまうケースは少なくありません。例えば借金を放置したことで債権者から訴訟を起こされて、給料を差し押さえられたり、クルマや住宅を手放したりする問題に発展することがあります。早期のうちに弁護士に依頼しておけば、返済可能額まで債務を圧縮して最悪の状況を避けられるわけです。福岡の法律事務所には借金問題の相談をしにくる方が大勢おり、その多くはキャッシングやカードローンの利用者です。自分自身では打つ手がないと考える状況でも、弁護士に相談すればあっさり解決することが数多くあります。

相談しやすい専門家を探していく

福岡で弁護士に依頼するとき、最初から法律事務所に出向くという人は多くはありません。信頼できる弁護士を見つけるためには、まずは電話でのお問い合わせから始めてみましょう。話しやすい弁護士だと気軽に相談できるので、こちらの悩みをダイレクトに伝え、適切なアドバイスをもらうことができます。逆に相談しにくい弁護士だと、依頼者側が必要以上に受け身になってしまい、伝えたいことをうまく伝えられない可能性があります。より正確に相性を確かめるためには、無料相談を利用してみるのがおすすめです。